男をグサッと傷つけてしまう余計なひと言!禁句の言葉5つ

男をグサッと傷つけてしまう余計なひと言!禁句の言葉5つ
職場での「余計なひと言」・・・つい、男性社員に向けてはいけない「禁句」な「言葉」を使ってしまう。そんなアラサーは多いはず。いや、私に限ってそんなこと言うわけないじゃない!なんて自信を持って言えますか?

「私は気の利くいい女だから、言葉一つ一つに配慮してます!」・・・そういうアラサー女子こそが危険極まりないのです。余計なひと言を気付いていないところでつい言ってしまっているかもしれません。その5つの言葉をお伝えします。絶対に気をつけてください!

男をグサッと傷つけてしまう余計なひと言!禁句の言葉5つ

 

「身体」に関する余計なひと言


身体に関する言葉を言われて傷ついたことはありますか?その言葉には「最近太った?」とかいろいろあるでしょう。

ここで大切なことを一つ(こちらは大切なので5つ全てでずっと言っていくフレーズになりますよ!)、男性はプライドが高いのです。

そう、そのプライドを折るようなことをしてはいけません。そして身体というのはなかなか直しようがありません。生まれつきのものや体質もあるから仕方ないですよね。ですから、もし男性社員に「最近あの人少し太ったかな・・・?」など感じても絶対に言ってはいけません。

髪の毛の話題もそうですね!…髪、太ったや細い、毛、など身体に関することは非常に危険です!気をつけましょう!…分かりましたか?

これが「身体」についての「禁句」です。

 

「地位」に関する余計なひと言


男性のプライドの高さは、周りとの競争意識にも反映してきます。同期が褒められたり、まして出世!なんてことになったら…いじけて一気にやる気を失ってしまうのが男性と言う生き物です。

今は平社員でも、何かしらでアピールしよう、とか、チャンスを待とう!とかつねづねうかがっていたりするものです。

なので絶対に「まだ平社員なの??」とか「もう少しで主任になれたのにね」など地位に関する言葉を言わないようにしましょう。

どちらのフレーズも大きくプライドを傷つけますし、男性社員にとってもグサっとくる言葉です。

もしかしたら立ち直れなくなってしまうかもしれません。

軽いところではあなたと口も利かなくなり、仕事が回らなくなってしまうかもしれないのです。

とっても危険なのが分かりますよね!

うっかりと言いそうになってもそっと口を閉じておきましょう。

分かりましたか?これが「地位」についての「禁句」です。

 

「稼ぎ」に関する余計なひと言


男性は競争意識が高い生き物という話をここまで非常にしてきました。

もちろんそれは「お金」に関してもそうなります。

今までよりも稼ぎたい!…や、ライバル視しているあいつよりも稼ぎたい!…こんなことは常々頭の中で考えているわけです。

例を2つあげましょう。

1つはあなたが男性社員より稼いでいると知らずにうっかりと話をしてしまったという例です。

「○○さん、私~~もらってるんですけどまだまだ足りなくて…どうしたらいいでしょう…」

聞いた男性社員は自分よりももらっていると分かってダメージになります!ましてあなたは女性です。

プライドが高い男性の社員にとっては自分が凄く出来ないと感じてしまいます!

ですからどんなにこういった悩みで悩んでいてもこれは絶対に禁句です!

2つめの例は、「○○さんっていくらくらいもらってるんですか??」と聞いて男性社員が答えてくれたとしましょう。

「~~かな」

そこで「えー!~~ですかー!もっともらってると思ってました!」など余計なひと言である感想を言ってしまいそうになったら止めてください!

男性社員としては大きく傷つきます。

気になっても言ってはいけないのです。

分かりましたか?

これが「稼ぎ」についての「禁句」です。

 

 

「微妙」に関する言葉!


4つめは「微妙」に関する言葉です。

微妙と言うフレーズをあなたはついつい使ってしまっていませんか?

この「微妙」という言葉はとても曲者です。

例えばあなたが普段よく話す男性社員に朝挨拶をしようと思ったとします。

ふと見たら新しいネクタイにしていました。

そこで「あれ…あまり似合ってないかも…」と思ったとしても、

「そのネクタイ微妙だね」
…わりとよく話している相手だとつい言ってしまいそうになるかもしれませんが、踏みとどまってくださいね!

この「微妙」というフレーズは文字通り本当に微妙なんです。

男性社員相手ではなおのことです。

男性は単純でプライドが高いので、褒められることに関してはとても喜びますがこういった指摘については嫌がるわけです。

いくらよく話す男性社員だったとしても「微妙」は控えましょう。

こっちが微妙だと思われてしまいます!

分かりましたか?これが「微妙」についての「禁句」です。

 

「疑い」に関する余計なひと言


これも大切ですから覚えておきましょう!

疑いの言葉というのは至ってシンプルな言葉です。

「本当にできるの??」などといった言葉です。

「本当に大丈夫なの?」

「本当に仕上がるの?」

いろいろありますよね。

けれどもどれも全て疑いの言葉になるわけです。

これを言われた男性社員は「信用されていないのかな?」とか「一人前に見られていないのかな」と感じてしまうのです。

それに加えて、あなたに「配慮」がないと思ってしまうのです。

仕事がやりにくくなってしまいますし、全くもっていいことがありません。

気をつけましょう!

 

今日のまとめ

男をグサッと傷つけてしまう余計なひと言!禁句の言葉5つ

いかがでしたか。これが「疑い」についての「禁句」です。

さて、職場での「余計なひと言」…つい、男性社員に向けてはいけない「禁句」な「言葉」を5つ紹介しました。

読み終わったあなたは…言ったことはないと自信を持って言えたでしょうか?

また初めて知った方もいるでしょう…。

・ 「身体」に関する余計なひと言
・ 「地位」に関する余計なひと言
・ 「稼ぎ」に関する余計なひと言
・ 「微妙」に関する言葉!
・ 「疑い」に関する余計なひと言