赤パプリカを使った料理レシピ!カプサイシンがシミを消す?

赤パプリカを使った料理レシピ!カプサイシンがシミを消す?
紫外線が原因でできるシミ対策にはレモンのビタミンCパワーが一番効くと思っていたけど、実は赤パプリカのほうがいいみたい。赤パプリカには高い抗酸化作用のあるカプサイシンが多く含まれているからです。紫外線はご存知の通り、シミだけでなくシワやたるみの原因にもなります。お肌の老化を防ぐためにもカプサイシンの力で紫外線対策をしていきましょう。

赤パプリカは、ピーマンやししとうなどと同じ、辛みの少ない唐辛子の仲間です。普段はサラダに入れるくらいでしょうか?家庭内で積極的に赤パプリカを食べているという人は少ないと思います。

赤パプリカの色である赤はカプサンチンの色。これがものすごく高い抗酸化作用があると言われているのです。その抗酸化作用は、ビタミンEをもうわまわるのだとか。

紫外線によって、体内で生成されやすくなった活性酸素が老化の原因になり、その活性酸素に対抗できるのが抗酸化作用です。つまり、老化防止にも役立つということ!

食べて損はない野菜なのです。今回は赤パプリカを使った料理レシピをお伝えしますね。

…もっと見る