新人時代に理解して行動しておきたかった先輩のアドバイス

新人時代に理解して行動しておきたかった先輩のアドバイス
「新入社員として就職してから約10年…」今ではいろいろな責任者をまかされるようになってきたり、新入社員の教育係をまかされたり…。キャリアを積み重ねてきたつもりだからこそ、教育係として新入社員に言いたいこともたくさん。

この歳になったから理解できることもたくさん。若い子達を見ていて、「あ~、新入社員の頃、先輩たちや部長、課長に言われた事を素直に聴いておけば良かったなぁ」と思うことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの為に、20代のころに理解して行動しておきたかったアドバイスの数々をご紹介しますね。

新人時代に理解して行動しておきたかった先輩のアドバイス

 

キャリアウーマンと新入社員との違い


もちろん新入社員とキャリアウーマンの違いは仕事ができるか、ということですが一概に「仕事ができる」と言ってもさまざまな種類があります。実際キャリアウーマンと新入社員との違いは以下のとおりです。

・ 一日の予定がしっかり組めて、順序立てて行動できる
・ 一つ一つの仕事が丁寧で素早い
・ 指示だしが的確

新入社員のときは1日に自分がどのくらい仕事ができるのかということがわからないので、がむしゃらにやって、結局できなかった…ということがありますがベテランになってくると違います。
また、始めのときは仕事を覚えるのに必死で仕事のスピードも遅いですが、ベテランになってくるとスピードと正確さが顕著になってきます。また、後輩に教える際も、順序よくわかりやすく説明できるようになります。

 

よく部長や課長に怒られたけれど、素直に従えなかったこと


部長や課長に新入社員時代に怒られたけれど、いまいち言う通りにできなかった…ということがあると思います。今回は3つご紹介します。

①「仕事が遅い!」と言われたとき

新入社員なんだし、仕事が遅いのは当たり前。なんでこんなこともわからないの?と思っていた方も多いはず。仕事が遅いのは、新入社員にこんなに仕事を任せた上司が悪い!ということもあると思います。
しかし、実はこの言葉の裏にはこういったメッセージがあったのです。

アドバイス1:
「もっと効率よくできる方法を考えて」

仕事が遅いのには何かしら理由があります。

・ 仕事の手順を覚えていないから
・ 仕事量がたくさんあるから

この2つがたいていあてはまるのですが、手順を覚えていないのなら、ひたすらイメージトレーニングをしながら進めていったり、資料やマニュアルの解読を早くするように心がけたら少しは変わってきたかもしれません。
また、仕事量がたくさんある、ということに対しては、どうやったら早く終わるのか考え、どこから手をつけるのか優先順位を考える方法を学ぶ、ということができるのです。
つまり、ここにこめられているのは

アドバイス2:
「優先順位しっかりつけて行動して」

というアドバイスだったのです。

②「人にものを頼む態度がなってない!」と言われたとき

どうしても外せない用事があるときや、やらなければいけない業務があって、頼まれた仕事ができない場合に相談する時があります。人に頼むときに「こっちだって忙しいんだ!」と怒られてしまった経験あるのではないでしょうか。
そんなとき、人に頼むということをあなたはどう考えていたでしょうか。

・ 私はできないから、誰か手伝ってくれないかな…

つまり、人任せにするのではなく自分もやるけれど一人ではできないというメッセージをこめたのに、人任せにした、ととられてしまったのです。
つまり、ここにこめられたメッセージは

アドバイス3:
「自分でどのくらいできるのかしっかり分析してほしい」

ということなのです。
「今ここまで終わっているが、今日はこれもしなければいけない。よって、この部分が終わりそうにないので、どうすればいいか」
ということを相談すればよかったわけです。

 

③「服装が派手すぎる!」と言われたとき

新入社員で入り、最初はスーツでしたが時間の経過とともにだんだんオフィスカジュアルになってきたとき、少しはめを外し過ぎてしまったというとき。こんなときには注意されてしまいます。そんなとき

・ 学生じゃあるまいし、別にミニスカートとかセクシーな服を着ていないんだから大丈夫!

と思ってしまっていないでしょうか。
確かに、服は個人の自由ですがアラサーのキャリアウーマンになった今では取引先への訪問や急な来社がよくあり、カジュアルな恰好をしていかないとどうしても顔見せできないという現状があります。

アドバイス4:
「将来さまざまな会社とやりとりするときに困る!」

というメッセージがふくまれているのです。
また、後輩が入ってきたときに、派手な先輩に指導されるよりはしっかり決めている先輩に指導してもらった方が説得力が出ますよね。
つまり
アドバイス5:
「後輩ができたときに頼られるために服装は大事」

というメッセージも込められていたのです。

 

今日のまとめ

新人時代に理解して行動しておきたかった先輩のアドバイス

いかがでしたか。意外に部長や課長の説教には後輩を育てる意味でのさまざまなメッセージがこめられているのです。以上のことを意識するとすべての忠告に意味が出てきます。ぜひ、将来のことをすべて考えて行動するといいでしょう。

・ キャリアウーマンと新入社員との違い
・ よく部長や課長に怒られたけれど、素直に従えなかったこと
①「仕事が遅い!」と言われたとき
②「人にものを頼む態度がなってない!」と言われたとき
③「服装が派手すぎる!」と言われたとき

 

美しくなって幸せに暮す唯一の方法

今すぐ、こっそり受け取ってください。

この記事を読んだあなたは最高にツイてる(^_-)-☆

 

アドバイスが大切!だったら、腸内環境を整えて体質改善を・・・

綺麗なオトナ女子になるプログラム。

便秘、肌荒れ、ほうれい線、女性特有の悩みもスッキリする「エンザイムで若返る方法」を始めてみませんか?
※ブログじゃ言えない・・・実体験を包み隠さず暴露中。最新の幹細胞コスメ情報もお届けしています。