老けない体をつくる生活習慣!30代からのアンチエイジング

老けない体をつくる生活習慣!30代からのアンチエイジング
数年ぶりに会ったにも関わらず、全く老けていない。しかもバリバリ働いているのに、いつも綺麗でパワフル。逆に若返っている。

もしかすると老けない体をつくる方法でもあるのかな。と思ってしまうような、そんな若々しい美ボディを持った女性があなたのまわりにもいますよね。

仕事ができるということは、美容と健康にも気を使って、いつも「ベストコンディション」を維持できる「自己管理」があってこそ。「自己管理」がしっかりできれば、アラサーだろうとアラフォーだろうと、年齢は関係ありません。

今すぐ、老けない体を作る生活習慣を身につけましょう。30代からのアンチエイジングがとても重要ですよ。

老けない体をつくる生活習慣!30代からのアンチエイジング

 

美人は太らない生活習慣を身に付けている


仕事をバリバリこなそうと思ったら体力勝負になってきますから、できる女性は基本なんでも食べます。それでもあのスタイルをキープしているのは、食べ方にヒミツがあります。

・野菜から食べる

同じ食事をとっても太りにくいようになる「食べる順番」があります。食事の際は、まず野菜から食べ始めましょう!
最初に野菜でお腹を満たしておけば、その後に食べるお肉などの脂質、お米等の炭水化物などカロリーの多いものをたくさん食べなくても満腹感が得られます。
同時に野菜の食物繊維が壁となり脂質や炭水化物の消化・吸収が緩やかになり、血糖値の急な上昇を和らげます。
空腹感は血糖値の上下により感じるようになっているので、急な血糖値の上昇の後は急速な血糖値の低下を招き、早く空腹になります。
急な血糖値の上昇がおこらないこの食べ方は体に必要な栄養はしっかり摂れ、かつ間食等を必要としなくなる太りにくい食べ方です。

 

なぜ太らない?美人が食べている食材とは?


食材にも体を太りにくくするものがあります。それは「αーレノリン酸」を含む食材。具体的に言うと、エゴマオイルなどなんと「油(オイル)」です。このエゴマオイル等のダイエット効果を世に広めたのはミスユニバース候補者たち。

一日にティースプーンで1~3杯直接飲んだり、食事にかけたりして摂取しています。αーレノリン酸が含まれるオイルは、オイルなのに体に溜まりにくく、かつ、他の脂肪分でさえ体内に蓄積させずに燃焼しやすくしてくれるというスーパー食材です。

美人たちは小さな容器に小分けしてこれらオイルを持ち歩き、外食時でも食事にかけて摂っています。味も香りもほとんどなく食事の邪魔にはならない便利な体型キープ食材です。

 

あの人はなぜ疲れない?運動を取り入れた生活習慣


キャリアウーマンだってスーパーウーマンではありません。もちろん疲れます。でも、疲れにくい体を作る努力は怠りません。その極意は「体の疲れは運動で癒す」です。

疲れた・・・と、思ってリラクゼーションマッサージに行くのは普通の女子がすることです。マッサージなどで体をほぐしてもらうと確かに一時は、楽にはなります。でも、根本原因「体力」の強化にはなっていないので、またすぐに疲れます。

この「体力」を身につけるためにできる女性たちは体力作りに余念がありません。

一番のおすすめはジョギングです。と言っても、タイムトライアルで苦しさを伴うものではなく「スロージョギング」という、早歩きと同じくらいのスピードで走る運動です。これなら心拍数が上がりすぎることがないので、苦しくて続けられないということはありません。

大切なのは時間です。最低20分、走ってみましょう。

ジョギング等有酸素運動がその運動効果をもたらすのは運動を始めて20分以降から、と言われています。そんな時間がない・・・とは、できる女は言いません。

理想はジョギングスタイルですが、最低20分ならいつもの駅より一駅前で降りて、走らずとも、早歩きで歩けばいいのです。その積み重ねが「疲れにくい体」を作り上げています。

ちなみに、どうせ歩くのなら、いっそすごく疲れた日に歩いた方が効果的です。労働により感じる疲労感と運動により感じる疲労感は違いますので、労働のみで疲れると、かえって眠れないなどの症状が出てくることがあります。

そんな時こそ運動による「身体疲労」が副交感神経を刺激して、体を休息モードに持って行ってくれます。しっかり休息が取れれば、疲れにくくなります。

 

疲れない体に必要な栄養素とは


疲れにくい体をつくるため、積極的に摂取したい栄養素があります。

疲労の予防、回復効果があるビタミンCビタミンB1です。ビタミンCは、レモン、オレンジ、グレープフルーツなど柑橘類に豊富に含まれています。

ビタミンB1は豚肉に多く含まれています。なので、朝食時にヨーグルトだけ・・・と言った食生活ではなく例えば、ハムエッグとオレンジはどんなに忙しくても必ず摂るというようにすると、疲れにくい体で一日をスタートできます。

朝食抜きなんてキャリア女子には論外!忙しい人ほど朝ごはんはしっかり食べていますよ。

 

老けないスキンケア


年齢を重ねているのにきれいな女性に共通するのは「美肌」だということです。そして、その「美肌」を維持している女性に共通しているお手入れが「クレンジング」なのです。

忙しい毎日、落とすお手入れは簡単に済ませたくて「これ1本でメークも落ちる」といった洗顔料等を使いがちですが、実は老けない美容の基本は「クレンジングに始まりクレンジングに終わる」と言われています。

最近のファンデーションは、汗などで落ちない処方が進み、やはりクレンジングでなければ落ちない油汚れが肌に残りがちです。
これを残したままでいると、「くすみ」につながります。

若々しいお肌とは透明感があるお肌のことで、この「くすみ」は大敵です。「くすみ」防止のために、どんなに忙しくてもクレンジングでしっかり汚れを落としましょう。

 

 

老けないメイクの秘訣


年齢を重ねればそれなりにお肌に変化が出てきます。しかし、それを感じさせない女性はたくさんいます。そんな女性に共通しているのが「隠せるものは隠してしまうメイクテクニック」です。

若い頃はファンデーションだけで十分きれいなお肌になれました。しかし、年月ともにお肌に出てきてしまったシミ、シワ、くすみ・・・これを隠す方法を知っている人が本当の老けないメイクを知っている人と言えます。

彼女たちの必須メイクアイテムは「コンシーラー」と「コントロールカラー」です。メイク時にこの2品を上手に使うことにより「老けて見えるトラブル」をなかったことにしているのです。

シミやまぶたのくすみにはコンシーラーが非常に効果的です。顔全体のくすみにはピンクのコントロールカラー。パール素材配合のものなら、シワを目立たせなくする効果もあります。

忙しい朝に、しっかりメークをするのは大変ですが、こういったアイテムを上手に使って、時間をかけずに老けないメイクを完成させているのです。

 

身も心も美しくなる生活習慣


老けない人はみなさん心の持ち方が前向きです。

今日の失敗を明日への経験ととらえることができ、ネガティブに悩みません。また、好奇心旺盛で貪欲に新しいモノ、コトに挑戦しています。

「今さら・・・」「私なんて・・・」こういった発想は彼女たちの頭の中にありません。こういった女性は、いくつになっても魅力的です。

その「こころ」が行動になり、姿かたちに結びついているから太らず、きれいで、老けないのです。こころのきれいさも忘れたくない要素ですよね。

 

今日のまとめ

老けない体をつくる生活習慣!30代からのアンチエイジング

いかがでしたか。いくつになっても、きれいでパワフルで輝いている女性でいることは可能です!

そのための習慣を一つでも取り入れて誰からも憧れられる女性になりましょう。

・ 美人は太らない生活習慣を身に付けている
・ なぜ太らない?美人が食べている食材とは?
・ あの人はなぜ疲れない?運動を取り入れた生活習慣
・ 疲れない体に必要な栄養素とは
・ 老けないスキンケア
・ 老けないメイクの秘訣
・ 身も心も美しくなる生活習慣