職場のストレスで「もう限界!」と感じる前に対処すべき方法

職場のストレスで「もう限界!」と感じる前に対処すべき方法

都会で仕事をするのは大変ですよね。

通勤や会社で会う人の数は多いけれど、だからといってそういった人たちと深いコミュニケーションがあるわけではない。

「人間関係に悩んでいる」「いつも孤独を感じている」という女性は、思いのほか多いようです。

それに1日のうちの大半を過ごす職場で、ムカつく上司や信用できない同僚、終わらない仕事に追われてイライラしっ放し・・・。

残業で心身ともに疲弊していたり、反対に“残業時間を減らす”という会社の方針で、「決められた時間内で成果を出さなければならない」など大変な思いをされていることと思います。

そこで今回は、職場の人間関係のストレスへの対処法をお伝えします。

「自分が我慢すればいいんだ・・・」と思い込んでしまう人ほど、うつ病のリスクも高くなるので要注意!

悩みを長期化させないように、この記事から解決策のヒントを見つけていただければ幸いです。

スポンサーリンク

職場のストレスで「もう限界!」と感じる前に対処すべき方法

職場のストレスで現れる身体的な反応


職場のストレスで現れる身体的な反応
ストレスが起こると身体に様々な不快な症状が現れます。

例えば、食欲不振や過食、胃の痛みや吐き気、便秘などの「消化器官に影響が出ている」というのは、働く世代の男女ともに多いようです。

これらの消化器官のトラブルが起こるのは、ストレスで胃酸の分泌量が増えて胃が荒れている。自律神経の乱れで腸の働きが過敏になっているなどが関係しています。

それから、頭痛や肩こり、腰痛などの痛みもストレスが原因で引き起こされる可能性が高いです。

はたまた「疲れているはずに眠れない・・・」という不眠も、ストレスが招く代表的な症状です。

 

スポンサーリンク

 

職場のストレスで現れる心理的な反応


職場のストレスで現れる心理的な反応

ストレスがかかると、心にも悪影響が及びます。

例えば、仕事に集中できなくなる、無性にイライラする、気分の落ち込みを感じるなどがあります。

ふとした時に不安感や焦燥感にかられるというのは、心が不安定になっている証拠。

心と体のSOSのサインを見逃さないように、今対処しておかないと取り返しのつかないことになってしまいます。

 

職場のストレスで現れる行動的な反応


職場のストレスで現れる行動的な反応

ストレスが原因で起こる行動面の変化は、人によって異なります。

しかし、私たちの体には防衛反応が備わっているので、ストレスを回避するための行動を取るのが一般的です。

例えば、食べたり飲んだりすることで、ストレスから気を紛らわそうとする。ムダな買い物をしていると気づきながらも、買い物がやめられない。ゲームの世界に没頭する、人との関わりを避けて家にこもる、行動が遅くなるなどの行動が見られます。

普通と違うことをしているな・・・と感じる時は、なるべくリラックスを心がけ、ストレスケアをしていきましょう。

スポンサーリンク

 

職場のストレスに対処するために欠かせない3つのポイント


職場のストレスに対処するために欠かせない3つのポイント

しっかりと『眠る』

心と体を休め、脳内で様々な問題を整理したり、ストレスを和らげたりする働きが睡眠にあると言われています。

睡眠時間をしっかりと確保して、睡眠の質も高める工夫をしてみてください。

ストレスが多くて不眠が続く場合は、寝る前に考え事をしないようにしましょう。理由としては、脳が活性化して眠りを妨げる原因となるからです。

寝る前は飲食を控え、運動も睡眠の3時間前までに済ませて、ゆっくりと過ごされることをオススメします。

包み隠さず『話す』

人間関係で最も嫌がられる人ってどういう人だと思いますか?何かの雑誌で読んだ話では、「何を考えているのか分からない人が嫌われる」と書いてありました。

そう考えると、自分の気持ちを表現するのが苦手な人は、我慢しているにも関わらず嫌われたり、嫌な目に遭いやすくなるということです。

効果的なコミュニケーションの取り方は、相手によっても異なりますが、包み隠さず自分の考えを話した方が関係が上手くいくことも多いようです。

そもそも気軽に話しかけられない性格である場合は、誰かと1対1で話すような機会があればしっかりと自分の気持ちを伝えたり、言い方は考えつつ感情に身を任せて思ったことを口にしてみるなど、できることから始めてみてください。

スポンサーリンク

適度に『気分転換』をする

ストレスを感じているけれど、周囲を変えられないという場合。ご自身で気分転換をしてリフレッシュしましょう。

友達と遊んだり、趣味や運動でストレス発散をする人が多いようですが、「趣味が何もない」「友達がいないから遊びに行けない」という場合は、美味しい物を食べたり、教養を増やすために読書や将来役立ちそうな資格取得の勉強などもオススメです。

 

<ケース別>

自分だけに業務が偏っていると感じているときの対処法


自分だけに業務が偏っていると感じているときの対処法
「毎日、残業残業で心も身体もヘトヘト・・・」
「みんなは終わっているんだから、誰か手伝ってよ!」

というように、自分だけに業務が偏っているなと感じることがありませんか?

そういった場合は、仕事を引き受けすぎているか、あまり上手く仕事をさばけていない可能性が高いです。

まずは、現在の仕事量を紙に書くなど視覚化して、終わらない状況を周りに相談してみてください。

それでも何も助けてくれない、誰も手伝ってくれないということは、まずないでしょう。

運動して汗をかくべし

運動にはストレスを軽減する力があります。

あなたと同じように仕事をしている人でも、ジムに通ったり、ウォーキングしたり走ったりと、体を動かしている人は多いです。

運動して汗をかくべし

運動をして汗をかくとリフレッシュしますし、心も鍛えられてメンタルも強くなったなと私は感じています。

 

職場の同僚たちに陰で悪口を言われていたときの対処法


職場の同僚たちに陰で悪口を言われていたときの対処法
「同僚たちに陰で悪口を言われていた」と気づいたら、ショックですよね。

何か嫌な思いをさせてしまったのなら、誠意を持って謝るべきです。

でもそうではなく、妬みやひがみなどの場合は、大人の対応でスルーするのも手です。そうしているうちに、状況が変わる可能性もあります。

それに、職場は友達作りの場ではないと割り切るのも手です。

休憩時間は外出したり、就業時間が終わったらサッと帰宅すれば◎

いつまでたっても状況が変わらず、陰湿ないじめがある場合は、思い切って職場を変えるのも手です。

 

人に仕事を押し付ける同僚に腹が立ったときの対処法


人に仕事を押し付ける同僚に腹が立ったときの対処法
人に仕事を押し付けて、自分は楽をしようとする同僚っていますよね。

こっちは大変な思いをしているのにサボられると腹が立つかもしれませんが、そういった人は周囲からも評価はされてはいないはずです。

そういった時に頑張っておけば、あなたの仕事に対する態度や熱意を上司や他の同僚も見ていてくれています。

誰から頼まれたかは別として、仕事は仕事。

引き受けた以上は手を抜かず、きちんと取組むことで、あなたの評価が上がります。

1人では無理だから、一緒にやりましょう!」と言って、同僚をサボらせないようにするのもオススメです。

 

今日のまとめ

職場のストレスで「もう限界!」と感じる前に対処すべき方法

「もう限界!」と感じる前に対処すべき方法

「職場のストレスでどうにかなりそう!」と爆発しそうな時は、会社以外の人間関係に目を向けたり、自分磨きをしたり、体を動かしたりリフレッシュの方法を複数持っておくといいでしょう。

自分が心を許せる場所や人間関係をいくつか作っておくと、そこが居場所となりストレスの発散や分散につながります。

今回紹介した方法を参考に、考え方を少し変えてみるなどの方法で平穏な状態を取り戻しましょう。

◉ 職場のストレスで現れる身体的な反応
◉ 職場のストレスで現れる心理的な反応
◉ 職場のストレスで現れる行動的な反応
◉ 職場のストレスに対処するために欠かせない3つのポイント
◉ 自分だけに業務が偏っていると感じているときの対処法
◉ 職場の同僚たちに陰で悪口を言われていたときの対処法
◉ 人に仕事を押し付ける同僚に腹が立ったときの対処法

 

今、あなたにオススメの記事(一部広告含む)


当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。