見直したい保険!保険料がバカにならないのでコスパを調べてみた

見直したい保険!保険料がバカにならないのでコスパを調べてみた
社会に出てからずーっと一人・・・特に結婚をして旦那と子どもがいるわけではないから真剣に考えたことが無かったなぁ。ん?保険のことです。

アラサーにもなると、加入している保険によって万が一の保障額というのは変わってきます。何かと知っているのと知らないのとでは、今後の対応も違ってきます。

そこで今回は、現在加入中の保険についてそのままでいいのかどうか?「保険の見直し時期」と、「見直すポイント」についてご説明します。

見直したい保険!保険料がバカにならないのでコスパを調べてみた

 

アラサー女子は今すぐにでも見直したい


アラサー女子は今すぐにでも見直したい
アラサー女子ともなると、ひとつも保険に入っていないという人はいないと思います。

職場にも保険会社の人たちが来たりして、何かしらの保険に加入しているのではないでしょうか。

私も、20代前半、入社してすぐに会社に保険会社の人が来て、いろいろと説明を受け保険に加入しました。そのまましばらくはその保険の保険料を払っていましたが、女性の上司から、保険の見直しを勧められて、いろいろと調べるようになりました。

やっぱり女性は30歳を機に保険を見直したほうがいいようです。年齢が上がるにつれて、掛かりやすい病気も変わってきます。見直しは今すぐにでも必要なんです。

 

保険見直し相談を利用


保険見直し相談を利用
30歳になったからといってすぐに病気になる、というわけではありませんが、徐々に女性の身体は変化していくものです、それに対応した保険に変えていく必要がありますね。
でも、ちょっと保険会社の人に相談するのって怖くないですか?
実際、知り合いの人でもないし、入ったら入りっぱなしで全然交流もないので、なんとなくここで保険会社の人に相談したら、高い保険を勧められるんじゃないか、あれこれ付けられてしまうんじゃないかと不安もあります。
そんな私みたいな人にオススメなのが保険の見直しを手伝ってくれる相談所です。
「保険見直し本舗」とか「保険の窓口」なんて名前聞いたことありませんか?
この手の相談所は今たくさんあります。
保険会社ではないので気軽に相談でき、変な保険を無理に勧められるということがありません。
むしろ、保険料が高すぎるといったことを指摘してくれたりするのでとても便利です。
自分ではどうやって見直しをしたらいいかわからない、また、保険会社に相談するのもちょっと怖いな、と思っている人にはオススメですよ。

 

共済って何?


共済って何?
保険に入りなおす、解約して新しい保険に入ろうと思っている人なら気になるのが共済ではないでしょうか?

保険に興味のない人でも、聞いたことがある人は多いはず、CMとかでよく耳にしますよね。
コープ共済、JA共済などがそれです。

では、共済ってどういったものなのでしょうか?

共済とは正式には、共済組合という相互扶助団体、または共済組合が組合員向けに行っている福利厚生事業のことです。
JA共済、全労済、都道府県民共済、CO・OP共済、この四つを四大共済と言います。

保険とだいたい同じような意味合いですが、共済はあくまでもその組合の組合員にのみ提供されるサービスのことで、共済に入るには組合員になることが条件になります。

例えばコープの組合員になるには出資金として1000円程度払います。
この1000円を払って組合員になれば共済に入れるんですね。
お近くのコープで組合員になり、店員さんに共済のことを聞き、申込書をもらって記入して提出すると保障がスタートするということです。

もちろん、コープだけではなくほかの共済でも同じように組合員になれば利用することが可能です。

 

 

共済保険のメリットとデメリット


共済保険のメリットとデメリット
共済はなんといっても掛け金(共済では「共済金」と呼びます)が安いことが一番のメリットですね。
安い掛け金で手厚い保障が受けられるのが人気の理由です。

さらに保障内容が組合員の声によって何度も改定されているのに、掛け金が変わらないというのも魅力の一つです。

例えば、コープの「たすけあい女性コース」なら掛け金2000円で、女性特定病気入院の場合、病気入院日額5000円に、女性特定病気入院日額が3000円支払われます。
かなり手厚いですよね。

デメリットももちろんあります。
掛け金が少なくて多くの人に保障を与えるということなので、保障の絶対額が低いということがデメリットと言えます。

しかも、ひとつの共済には一人一口しか入れないので、保障額を増やすことができないんです。
掛け金がその分かなりお安いので仕方ないのですが、これからの病気に備えてきちんとした保険に入りたい、たくさんの保障金を受け取りたい場合には

もしかしたら向いていないかもしれません。
でも、とりあえず掛け金少なく保険に入りたいと考えている人には共済はひとつの案だと考えます。

 

今だからこそ入りたい保険


今だからこそ入りたい保険
アラサー女子だからこそ、入りたい保険というものがあります。

20代の頃はそこまで気にならなかった婦人科系の病気ですが、30代40代になると増えると言われています。
女性に対する保険も年々増えているようですね。

貯金があまりないという人は、医療保険には入っておいたほうが賢明です。
入院するとなると日数にもよりますが結構かかるようです。
貯金があれば少しはまかなえますが、保険に入っていると保障してくれますので安心です。

女性のための医療保険というのがありますので、月5000円くらいを目安に考えてみるのもいいかもしれません。
死亡保険などはアラサー女子にはまだそこまで考える必要はないかもしれません。

それよりも積立保険のように将来お金が戻ってくるような保険に入るといいでしょう。

女性はいつ結婚、出産するかわかりませんので、それに備えてなるべく払える額の保険に入っておくというのも一つのポイントですね。

 

今日のまとめ

見直したい保険!保険料がバカにならないのでコスパを調べてみた

保険のこと、あまり深く考えていなかったという人も、今払っている保険料が、結構安くなったとか、数年前のとはまた違った保険も出てきているはずです。
これを機に、自分の保険を見直してみてはいかがでしょうか?

・ アラサー女子は今すぐにでも見直したい
・ 保険見直し相談を利用
・ 共済って何?
・ 共済保険のメリットとデメリット
・ 今だからこそ入りたい保険