人気のオンラインフィットネスTOP3!動画レッスンのメリットや選び方

人気のオンラインフィットネスTOP3!動画レッスンのメリットや選び方

最近は“健康的な美しさ”に注目が集まっており、ダイエットや美容のために運動を習慣化する女性が増えています。

そういったニーズの高まりもあって、フィットネス関連の施設が急増中!

例えば、ライザップのようなパーソナルレッスンスタジオ、24時間ジム、ヨガやダンスなどの幅広いプログラムが受けられる総合型フィットネスジムなどがあります。

あなたもジム通いに興味はあって、色々と調べてみたことはあるかもしれませんね。

ただ、仕事や家事に忙しくて通えそうにないかも・・・

と二の足を踏んでいる状態ではありませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、今話題のオンラインフィットネスです!

自宅で簡単にフィットネスやヨガなどを体験できるサービスのことで、料金もパーソナルトレーニングやジムなどと比較するとかなりお得です。

そこで今回は人気のオンラインフィットネスを3つピックアップ!

同僚や友達が入っているもの、私が加入しているサービスなどあなたと同年代の女性のリアルな声をもとにランキングを作成しています。

各サービスを比較して、あなたに合うものを試していただければと思います。

人気のオンラインフィットネスTOP3!動画レッスンのメリットや選び方

スポンサーリンク

オンラインフィットネスとは?

オンラインフィットネスとは?

オンラインフットネスとは、スマホやPCなどの端末を使って運動のサポートを受けられるサービスです。

例えば、フィットネスジムで行われているヨガ・ピラティス・格闘技系・ダンスなど多彩なレッスンを持つサービス、あなたに必要なトレーニングをマンツーマンで教えてくれるサービスなど。

いつでもどこでも気軽にレッスンを受けられる手軽さが忙しい世代向き!

 

スポンサーリンク

 

オンラインフィットネスが合う女性の特徴

オンラインフィットネスが合う女性の特徴

誰にもバレずに自宅で簡単にダイエットしたい

ジム通いは敷居が高いし、自分の体型を人に見られるのはちょっと・・・という人は、オンラインフィットネスで「トレーニングはどんなものか?」を気軽に試してみるといいでしょう。

フィットネスジムに通うのが面倒で億劫と感じる

自宅からジムが遠かったり、仕事が忙しくて通う時間が取れないかもと不安な場合もオンラインフィットネスなら、自分のペースでトレーニングが可能です。

老化防止はもちろん、見た目を若くしたい

見た目を若々しく保ちたいという場合も、自宅でスキマ時間にできるオンラインフィットネスはおすすめ。筋トレをすれば体型が変わり、服が今より綺麗に着こなせますし、ピラティスやバレエ系のレッスンなら姿勢もよくなります。

身体を動かして大量の汗をかきたい(デトックス)

毎日たっぷり汗をかいて、身体を動かすのは気持ちいい!デトックス目的でオンラインフィットネスを始めるのもあり!激しめの有酸素運動のトレーニングがマスト。

ストレスを解消したい

仕事や人間関係のストレスを気軽に解消したい!そんなあなたもオンラインフィットネスなら、スマホ1つあればいつでもどこでもリフレッシュが可能。特に自律神経を整えるヨガや格闘技系のフィットネスがおすすめ。

—-
運動だけじゃなく、勉強もしたいあなたには

 

スポンサーリンク

 

働く女性におすすめのオンラインフィットネスTOP3

第三位

Di-Fi-ts(ディーフィッツ)

Di-Fi-ts(ディーフィッツ)

ジャンル:筋トレ/ストレッチ/その他

タイプ: 動画(グループトレーニング)+サポート

料金
・ベーシックコース 月額 2,980円
(トレーナーとのコミュニケーションスレッドの利用:4件/月まで)

・プレミアムコース 月額 4,980円
(トレーナーとのコミュニケーションスレッドの利用:無制限)

※お試し2週間トライアルコース980円

Di-Fi-tsのサービス内容

動画視聴型のオンラインフィットネスですが、専任のトレーナーがつくのが特徴!悩み相談やあなたに合ったメニューをオーダーメイドで作成してくれる等、サポートが充実しているので「続かない」を解消してくれます。

【期待できる効果】
・ダイエット
・体幹強化
・美容
・健康

【メリット】
動画学習の気軽さと専任トレーナーの手厚いサポートを両立している点。痒いところに手が届くので、無理なく続けられるシステムになっています。

【デメリット】
トレーニングを中心とするメニューなので、ダンスや格闘技などの気分転換になるエクササイズはありません。

 

第二位

ポケジム

ポケジム

ジャンル:筋トレ/ストレッチ/ヨガ/エアロビ/その他

タイプ:1on1(マンツーマン)

スポンサーリンク

料金:入会金0円 10分1,500pt〜 1pt=約1円
レッスン前に必要な分だけポイントを買ってチャージするシステム

※1回無料レッスン

ポケジムのサービス内容

第一線で活躍するプロトレーナーのレッスンを10分単位マンツーマンで受けられるサービス。トレーナーとコミュニケーションが取れるので、「モチベーションが続きやすい!」とサポート面に定評あり。

【期待できる効果】
・ダイエット
・リラックス
・正しい筋トレのフォームを学べる
・肩こり
・腰痛
・骨盤ケア
・O脚改善

【メリット】
①マンツーマンで自分に適したレッスンが可能
マンツーマンのレッスンなので、自分のレベルに合ったレッスンを無理なく受講できるのが最大のメリット。

②講師からのフィードバックあり
レッスンのレポートが講師から届くので復習ができます。気になることをすぐに聞けるのもありがたい!

③悩みに合わせたレッスン
腰痛や肩こり、骨盤ケアなど健康面の悩みに合わせたレッスンも豊富。体を整えたい人におすすめです。家族や友達と一緒にレッスンを受けることも可能!

【デメリット】
美容目的というよりは、どちらかというと健康やダイエット、運動の正しいフォームを知りたい人向け。

 

LEAN BODY(リーンボディ)

LEAN BODY(リーンボディ)

ジャンル:筋トレ/ヨガ/ピラティス/ダンス/格闘技/その他
タイプ:動画(グループトレーニング)
料金:入会金0円 月額1,480円

※無料体験 初回30日間

LEAN BODYのサービス内容

メディアで話題の人気のインストラクターが集結!その日の気分でプログラムを選ぶことができる動画視聴型のオンラインフィットネスサービスです。時間も最短5分からと気軽に始められ、初心者〜上級者まで満足できる内容。女性向けの多彩なジャンルのプログラムに定評あり。

【期待できる効果】
・部分痩せ
・ヒップアップ
・体幹強化
・女性らしいボディ
・ダイエット
・ストレス解消

【メリット】
①有名講師のレッスンでモチベが上がる
ダイエットヴィレッジの山口トレーナーなどメディアで見たことがある有名トレーナーのレッスンを気軽に受講できるのでモチベーションアップに最適。

②女性向けのプログラムが充実!
プリッとした桃尻ヒップを作れるエクササイズ、二の腕を引き締めるレッスンなど女性が特に鍛えたい部分、綺麗に見せたいパーツを理解してくれているのが◎

【デメリット】
特にありませんが、ダンスのレッスンは初級でも結構ハード。「動きについていくのがやっと」という声続出・・・。練習あるのみ!楽しいのでレッスンを受けすぎて、翌日ひどい筋肉痛に悩まされることも。

 

オンラインフィットネスの欠点

ジムとは違って友達ができない

ジム通いのメリットの1つに、運動という共通点を持つ新しい友達(コミュニティ)ができるというものがあります。オンラインフィットネスは、友達を作りたい人には不向きと言えるでしょう。

自己管理できない人はサボってしまう(手を抜ける)

人の目がないので、トレーニングで手を抜くことも、サボることも簡単にできてしまうデメリットも。自己管理ができない人は三日坊主で終わってしまう可能性があるので、マンツーマンを選択して。

部屋の広さが足りず、できないトレーニングがある

畳1畳分でできるトレーニングもありますが、ダンスなどは広いスペースがないとダイナミックな動きは難しいです。

—–
英会話も習ってみたい、そんなあなたには

 

今日のまとめ

人気のオンラインフィットネスTOP3!動画レッスンのメリットや選び方

動画レッスンのメリットや選び方

忙しい社会人や主婦を始め、運動不足が気になる在宅ワーカーやフリーランスにも人気があるオンラインフットネス。

ジム通いを検討しているけれど「月会費が高い」とか「続けられるか不安」という人は、こういったものから試してみると運動を始める敷居がグンと低くなりますよ。

ただし、マシンを使った筋トレや広い空間でジム友と一緒にプログラムを受ける楽しみなど“ジム通い”のメリットも沢山あるので、途中からそちらに切り替えるのもおすすめです。

無料体験等を賢く利用して、自分に合うサービスやジムを見つけていただければと思います。

◉ オンラインフィットネスとは?
・スマホやPCなどの端末を使って運動のサポートを受けられるサービス

◉ オンラインフィットネスが合う女性の特徴
・誰にもバレずに自宅で簡単にダイエットしたい
・フィットネスジムに通うのが面倒で億劫と感じる
・老化防止はもちろん、見た目を若くしたい
・身体を動かして大量の汗をかきたい(デトックス)
・ストレスを解消したい

◉ 働く女性におすすめのオンラインフィットネスTOP3
・Di-Fi-ts(ディーフィッツ)
・ポケジム
・LEAN BODY(リーンボディ)

◉ オンラインフィットネスの欠点
・ジムとは違って友達ができない
・自己管理できない人はサボってしまう(手を抜ける)
・部屋の広さが足りず、できないトレーニングがある

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク